ワンルームにふたり
ワンルームに暮らす2人の視点の違いをさらしてみます。 自称ベストカップルのすれ違い暴露ブログ。 エログは却下されましたorz
プロフィール

春仁(はると)と伊織(いおり)

Author:春仁(はると)と伊織(いおり)
春仁(はると)
慎重に捕獲した珍獣(猛獣?)伊織を2年半にわたって飼育し、現在も遠隔から飼育する偉大な人。

伊織を一番理解している人物。
同時に伊織が一番依存している人物。

ワンルームの管理人。
管理人としてはいつ戻ってくるか分からない。
誰にもいえない本音を吐露したくなったら戻ってくるかもしれない。

2012年9月結婚を決意。
再び同居し始めたらブログをリニューアル予定

伊織(いおり)
2年かけて春仁に捕獲された珍獣。
見た目はサラ毛と美肌を探求する美容マニア。
中身はウツ持ちのお酒好き。

最近広汎性発達障害(アスペルガー症候群)とパーソナリティ障害がウツの原因と発覚。
10年近く治療の末やっと薬が要らない状態まであと1歩。

ワンルーム副管理人。
イラストは全権委任されている。

家出後色々あってワンルームブログと春仁に舞い戻ってくる。

2度ほど別れを経験。もうない。


その辺は一言では言い表しづらいので記事でどうぞ。
記事は開設当初からそのままです。
歴史を振り返る事ができます。


当ブログはリンクフリーです。
相互リンク募集中です。
コメント欄へどうぞ。

なお、当ブログに掲載されているイラストは全て副管理人伊織に著作権があります。放棄していませんので無断掲載、直リンクなどは絶対におやめ下さい。
より多くの人に楽しんでいただくために、
皆様のご協力をお願いします☆

人気blogランキングに参加中!
↑↑↑↑↑こちら↑↑↑↑↑
1日1クリックの応援をお願いします☆

ちょっとしたぼやき・・・そろそろ書こうかな~。春仁。・・・(9/7)(注:しばしば書き換えます。)



ワンルームにこれだけ住んでるようです



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


わたし。
今、思い出しました。

今日の分の鬱のお薬飲んでませんでした、伊織です。


うっかりうっかり。


もう飲みましたのでご安心下さいwwww


こんなんでは妹が言うように、母が心配するわけですね。ウフフ。


↓↓↓↓



妹の本音を、


ちょっとした機会に知ってしまった。



妹は、



私が鬱病だということを、結構重くとらえていた。

場合によっては私以上に。


妹は書いていた。


「お母さんは、お姉ちゃんが帰ってくると顔色を変える」と。


申し訳なく思った。


だからってどうしようもないけど、



申し訳なく思った・・・。



妹は、



その事が「ショックだ」と書いていた。



分かっていても、     ショックだ    と。



ごめんなさいすら、



言えない私には



何も言う資格はなかった。




確かに、私が鬱病だと知る母は、私に優しく接するようになった。

病気を告白してからだ。

母が、私の状態を目の当たりにしてからかもしれない。
(一度、実家に帰省中に発作を起こした事があったから。)

最初、母は鬱病だということを信じたくないようだった。

「あんなに明るい子供なのになぜ。」

心の奥が聞こえるようだった。


お母さんやお父さんが思うよりもずっと、





私はいろいろ考えて、






悩んで、






今の生き方を選んでるんだよ。












言いたかった。







だって、






本当に






母や父は























何も







知らなかったから。









泣きたくなるほどに。






誰も何も知ろうとしてはくれなかった。






元彼すら。





私の鬱を気づこうとはしてくれなかった。






気づいたのは春仁だけだ。






認めようと努力してくれた




初めての人は、









春仁だった。







春仁は元彼と違い、カウンセリングを進めた。



「俺に言うのが無理ならカウンセラーさんに言いなよ」 と。



その言葉に




「誰かに相談していいんだ」と






「相談する事は誰を傷つける事でもないんだ」と





気づく事ができたのは





真実だ。






だから私はお母さんに知らせた。






私が鬱だということを。





今、




私はおかしくなってしまってるんだということを。





重たくしたくなかったから、





明るく言った。





でも、




妹には重たかったようだった。








本当に、









ごめん。












妹を追い詰める気はなかった。








明るい子だと思ってた。




内面に





いろんなことを抱えてるなんて






思いもせずに。










バカな姉だった。







ごめんね。






ほんとに、






ごめん。








私はもう大丈夫。






君が思うほどひどくはない。














帰省したときに、



起きるのが遅くて


お母さんが怒る。



それは普通の事だ。



今の私は鬱で起きられないわけではないのだから。




私に遠慮する事はない。




何を言ってもかまわないよ、




キミが鬱にならないのであれば






私は何でも聞こうじゃないか。









そう思っていても








君は何も言わないのだろうけれど。














お酒














睡眠














生活リズムが狂っている私でも












キミを心配する事ができるうちは













君の事を考えさせてはくれないか。













二人しかいない妹のうちの一人だから。










私の話を真剣に聞いてくれる数少ない人間の一人だから













私は












キミを















大事にしたいと












思っているんだよ。













わかって欲しい。













たとえキミがこの記事を





見ることが無くても。












そしてお父さん。

















どんなに辛い立場にいようとも





落ち着いて






聞いて下さい






私の話を    。










私が今





なぜココにいるかを。







春仁と住んでいるのは許せないんだと言ったけれど、








そのことと、










私が






















自殺していなくなることとでは
















どちらを選びますか?














お父さんは気づいてない。













私の病に。










その病が、













私を殺す事もできる病だということに。













どれだけ話しても













お父さんは気づいてくれないけれど













信じて今でも









この記事を書いています。









いつか、









見つけてくれるんじゃないかと思って。










ね。












私が今生きていられるのは







春仁のおかげ









春仁が私を支えてくれたおかげ。











お父さん、













気づいて下さい
















妹よ、わかって下さい














私には










・・・・・・・もう少し時間が必要だということに。







アナタも私も。





考える時間が必要だと、










いうことに。




人気blogランキングへ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
きっと気付いてくれますって!!!諦めなければ!!!(;o;)
【2007/01/07 23:36】 URL | さだ #MgIxvhDQ [ 編集]

はじめましてです
はじめまして。こんばんわ。
ブログサイトうろうろしててたどり着き
読ませていただきました。
あたしも21歳でおんなじ様な状況で
すっごいわかる!と思いながら
コメント残させていただきました。
私も今度彼氏と同棲することになりました。
おそらく伊織さんと同じような理由
けど、うちも母は許してないんです。
けどきっとわかってくれると思いながら
このまま進めていこうと思ってます。
なんか伊織さん先輩やなって思いながら
やのに、こんなコメントで失礼します。
また遊びに来ます。

【2007/01/09 01:00】 URL | ちいはん #- [ 編集]

>さださん

はいがんばります~(>_<)O
まだまだ先は長そうです~


>ちいはんさん

私は両親共に同棲に関しては黙認て感じですかね。
だから期待をうらぎるなよ、みたいな。
母は応援してくれてます。
鬱になってからは、春仁に何度か相談や私の様子を聞くためにメールしてました。
その点逆に安心みたいです。
一人暮らしだと悪化してても私がSOSを出さない限り、母は気づけませんからね。
いえいえ、またこちらからも遊びに行かせていただきますね☆
見つけていただいてありがとうございます♪
【2007/01/15 02:02】 URL | 伊織*管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://oneroomnihutari.blog64.fc2.com/tb.php/208-b973e121



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。