ワンルームにふたり
ワンルームに暮らす2人の視点の違いをさらしてみます。 自称ベストカップルのすれ違い暴露ブログ。 エログは却下されましたorz
プロフィール

春仁(はると)と伊織(いおり)

Author:春仁(はると)と伊織(いおり)
春仁(はると)
慎重に捕獲した珍獣(猛獣?)伊織を2年半にわたって飼育し、現在も遠隔から飼育する偉大な人。

伊織を一番理解している人物。
同時に伊織が一番依存している人物。

ワンルームの管理人。
管理人としてはいつ戻ってくるか分からない。
誰にもいえない本音を吐露したくなったら戻ってくるかもしれない。

2012年9月結婚を決意。
再び同居し始めたらブログをリニューアル予定

伊織(いおり)
2年かけて春仁に捕獲された珍獣。
見た目はサラ毛と美肌を探求する美容マニア。
中身はウツ持ちのお酒好き。

最近広汎性発達障害(アスペルガー症候群)とパーソナリティ障害がウツの原因と発覚。
10年近く治療の末やっと薬が要らない状態まであと1歩。

ワンルーム副管理人。
イラストは全権委任されている。

家出後色々あってワンルームブログと春仁に舞い戻ってくる。

2度ほど別れを経験。もうない。


その辺は一言では言い表しづらいので記事でどうぞ。
記事は開設当初からそのままです。
歴史を振り返る事ができます。


当ブログはリンクフリーです。
相互リンク募集中です。
コメント欄へどうぞ。

なお、当ブログに掲載されているイラストは全て副管理人伊織に著作権があります。放棄していませんので無断掲載、直リンクなどは絶対におやめ下さい。
より多くの人に楽しんでいただくために、
皆様のご協力をお願いします☆

人気blogランキングに参加中!
↑↑↑↑↑こちら↑↑↑↑↑
1日1クリックの応援をお願いします☆

ちょっとしたぼやき・・・そろそろ書こうかな~。春仁。・・・(9/7)(注:しばしば書き換えます。)



ワンルームにこれだけ住んでるようです



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ワンルームにひとりずつ2
では本日も続きです。

てか、ランキングでは端にも棒にもといった順位ですが、

未だにちゃんとgoogle検索のトップで出てくるのがうれしかったりします。

すごいですね~、検索エンジンてww

↓↓その2↓↓



アスペルガー症候群(自閉症スペクトラムの一群。知的には障害がほとんど見られない又はむしろ高い傾向にあるようです)は軽症例とのことなので、過小評価も過大評価もするつもりはありません。

でも自分が全然気づかないところで春仁を傷つけてきた事がたくさんあったことを多少なりとも知っています。

先生の説明を聞いて、とても納得できました。

自閉症のカテゴリに属する人たちは、

「人の気持ちがわからない」

「空気が読めない」

とよく言われます。

「1から10まで言わなきゃならないの?」など。

でもそれって病気なのではなくて、
逆に「言語」「視覚」等のコミュニケーションツールを主に使用する少数民族なんだと思います。

「空気」や「雰囲気」というコミュニケーションツールはほとんど使用しない「人間」とうだけ。



でもそれは「空気」をコミュニケーションツールとして使用している社会では通用しないこと。



恋人だって同じです。


私はそれに気づくのが遅かった。


そして診断後。

新しい彼氏は伊織の高機能自閉症を理解出来ませんでした。

・・・・・と、伊織は感じました。

伊織が人の気持ちがわからないことを

「人格が未熟だ」と強い口調で指摘してくれる。

それも高機能自閉症にともなって併発した「パーソナリティ障害(境界例)」の症状なのですが、

伊織は「それはいいわけだ」と非難される事を恐れ、言えませんでした。

相手も、そう思っていたようですし。


強い口調でまくし立てられ、軽いパニックに陥っても相手は待ってはくれません。

「なぜこんな事も答えられないのか」と。

「黙りこくるのは小学生のすることだ」から。




伊織には、とても耐えられなかった。

診断を受けた後


私は納得し、安心も得たけれど、


とても苦しい思いもしました。


これからの治療は
自分を真っ向否定する事から始まり、

周囲の「社会性あふれる人」と齟齬を生まずに生きていけるようにならないといけないから。

それはとても怖い事で。

誰かの支えなしには耐えられる自信が、今でもないです。

「大丈夫だよ」と頭をなでてくれる人が今こそ必要なんだと痛感してしまいました。



今の彼はそんな立場には向いてない事も、痛感しました。




そしてしばらくして

私はその彼に別れを切り出しました。

1度失敗しているので心を強くもって。

神経症を持っている彼が




電話口で自殺しようとも。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント
フタリの時からちょくちょく見させて頂いてます
先に伊織さん、原因がわかって良かったですね(>_<)
良かったって言っていいのかわからないけど…
けど原因がわかっただけでもだいぶスッキリできたんじゃないかな?と個人的に思いました
相手が変わってリセットでスタートってなかなか難しいですょね。続きがすごく気になるのでまた来ます
【2008/10/15 20:59】 URL | ちいはん #- [ 編集]

フタリの時からちょくちょく見させて頂いてます
先に伊織さん、原因がわかって良かったですね(>_<)
良かったって言っていいのかわからないけど…
けど原因がわかっただけでもだいぶスッキリできたんじゃないかな?と個人的に思いました
相手が変わってリセットでスタートってなかなか難しいですょね。続きがすごく気になるのでまた来ます
【2008/10/15 21:00】 URL | ちいはん #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/10/15 21:00】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。