FC2ブログ
ワンルームにふたり
ワンルームに暮らす2人の視点の違いをさらしてみます。 自称ベストカップルのすれ違い暴露ブログ。 エログは却下されましたorz
プロフィール

春仁(はると)と伊織(いおり)

Author:春仁(はると)と伊織(いおり)
春仁(はると)
慎重に捕獲した珍獣(猛獣?)伊織を2年半にわたって飼育し、現在も遠隔から飼育する偉大な人。

伊織を一番理解している人物。
同時に伊織が一番依存している人物。

ワンルームの管理人。
管理人としてはいつ戻ってくるか分からない。
誰にもいえない本音を吐露したくなったら戻ってくるかもしれない。

2012年9月結婚を決意。
再び同居し始めたらブログをリニューアル予定

伊織(いおり)
2年かけて春仁に捕獲された珍獣。
見た目はサラ毛と美肌を探求する美容マニア。
中身はウツ持ちのお酒好き。

最近広汎性発達障害(アスペルガー症候群)とパーソナリティ障害がウツの原因と発覚。
10年近く治療の末やっと薬が要らない状態まであと1歩。

ワンルーム副管理人。
イラストは全権委任されている。

家出後色々あってワンルームブログと春仁に舞い戻ってくる。

2度ほど別れを経験。もうない。


その辺は一言では言い表しづらいので記事でどうぞ。
記事は開設当初からそのままです。
歴史を振り返る事ができます。


当ブログはリンクフリーです。
相互リンク募集中です。
コメント欄へどうぞ。

なお、当ブログに掲載されているイラストは全て副管理人伊織に著作権があります。放棄していませんので無断掲載、直リンクなどは絶対におやめ下さい。
より多くの人に楽しんでいただくために、
皆様のご協力をお願いします☆

人気blogランキングに参加中!
↑↑↑↑↑こちら↑↑↑↑↑
1日1クリックの応援をお願いします☆

ちょっとしたぼやき・・・そろそろ書こうかな~。春仁。・・・(9/7)(注:しばしば書き換えます。)



ワンルームにこれだけ住んでるようです



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


具体的には何m??
大学のPCからだと接続が切れる心配がないから安心して更新作業ができます、伊織です。

うちの子はどうやらDドライブ(?)じゃないところがウイルスに感染しているらしく、注意書きは出るけどどうやったら駆除できるのかわからず使っております。
(なぜかDドライブはスキャンできる。)

いきなりシャットダウンするし・・・
人に迷惑をかけない病気ならよいのですが・・・。

今日は私の話でもしようかと思います。
おそらくアスペルガー症候群かパーソナリティ障害が関連してるんであろう、以前からあったエピソードが最近また起きたのでそれについてちょいと。

↓↓↓↓

伊織の妹には、付き合って1年になる彼氏がいます。
その彼は伊織の高校の後輩でもあります。
(妹と彼氏は伊織の後輩として高校演劇部に入部してきたからです。同じ時期に高校に在籍したことはないですけどね。)

そんなわけで妹彼氏は妹彼氏になる前から伊織を先輩として認知していました。
つまり「伊織先輩」。
もちろん、敬語。

でも最近なぜか私に対して時々タメ語。

私はずっと、妹と声が似ているから妹と話してるのと勘違いしてタメ語で受け答えしているのだ。

と思っていました。

妹とも、「絶対勘違いしてるよね~」なんていってたんですが、

ついこないだ妹が、「あれ、どうやら勘違いじゃないらしい」と言う。

聞いてみると、妹彼氏は姉たちの彼氏にはどれだけ年上だろうと全てタメ語を使うんだそうだ。

そこから妹が推測するに、「彼女の姉」もタメ語の対象であって、
伊織は「高校の先輩」から「彼女の姉」になったから敬語じゃなくなりつつあるんじゃないかと。


なるほど。


伊織も親戚のおじちゃんにはタメ語を使うべきか悩むところだ。
(お互いいい大人なんだけど、あっちは赤ちゃんの頃から可愛がってくれてるわけで、無邪気に壁がないほうがうれしいのかな、とか、色々考えるわけです。)


で、


その「高校の先輩」から「彼女の姉」っていう変化が

昇格なのかが伊織にはさっぱりわからないんだけれども、

(私には「彼女の姉」の方がより敬語対象な気がします。。。。)

どうやら妹彼氏にはそうらしい。

というか敬語からタメ語へ変化するんならおそらく彼氏的に近づいたのであろう、

と伊織は推測したわけ。

んで、




んじゃぁ私も近づかなくては!!(`・ω・´)b





と思ったわけ。
(うん、これが間違いだったわけだけども。)



で、遠慮せずドンドンしゃべった。



ら。




「お姉ちゃん最近私の彼氏にすごい冷たいよ。

かわいそうだよ!」




と、言われてしまった(´・ω・`)。

歯に衣着せなさ過ぎたらしい。




不思議だ・・・・家族に接するのと同じように接したのに・・・・・orz

どうやら「家族」と「仲のよい友人」の間に

「家族に近いけどなんか家族とは違う友人」

というジャンルを新たに設け、そこに妹彼氏を放り込むべきだったらしい。




こういうことは最近なかったので、つい再びやらかしてしまった伊織にはよくあるミス。
春仁もおそらく同じ思いをしたことがあるであろうミス。

春仁も一定の時期に伊織がいきなり「友人」から「家族」に放り込んでしまったようで(もちろん無意識)、
その時の春仁にはおそらく近すぎた、ということが何度もあったっぽい。

指摘されたことはないような気がするけど。

ちなみにある程度仲良くなりたい友達にはたいていやってしまってる。
その微妙なずれを調整しきって最後はあるべき場所へ収める。
(最初から見極めろよって。)

最初から思い切りすぎてるんだと思う。
もしくは段階を経なさ過ぎるんだと思う。



そして今回も伊織はものすごく落ち込んだ。
(ただし、今回もめちゃくちゃコッソリ。)


見た目は「あらそう?」くらいだけど心ん中は




あたしのバカッッ・・・・!!orz




くらい。



んで妹に不機嫌にされたらとうしようとか、嫌われたらどうしようとか、あきれられたらどうしようとか、ものすごく恐れた。




がしかし。



妹は何事もなかったかのように伊織と話す。

伊織はしばらくビクついて妹に妹彼氏の話題を振ることすらためらったけど、

妹は伊織への指摘を忘れたかのように私への態度も自然だった。


伊織にはその距離感が全くつかめない。


どこまで妹カップルに近づいていいものやら、

どこまでは最低限距離を置かないといけないのやら、


さっぱり感覚がつかめません。


具体的に何mとか指標があればいいのに・・・(ノ□T)。と思うくらいです。

今では新たに親しい友人関係にランクインする出会いも少なくなったので、めっきりおかさなくなっていたミスでした。

そのたびに思うことがあります。
長くなったのでこれは次回へ( ̄ω ̄)ノ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。