ワンルームにふたり
ワンルームに暮らす2人の視点の違いをさらしてみます。 自称ベストカップルのすれ違い暴露ブログ。 エログは却下されましたorz
プロフィール

春仁(はると)と伊織(いおり)

Author:春仁(はると)と伊織(いおり)
春仁(はると)
慎重に捕獲した珍獣(猛獣?)伊織を2年半にわたって飼育し、現在も遠隔から飼育する偉大な人。

伊織を一番理解している人物。
同時に伊織が一番依存している人物。

ワンルームの管理人。
管理人としてはいつ戻ってくるか分からない。
誰にもいえない本音を吐露したくなったら戻ってくるかもしれない。

2012年9月結婚を決意。
再び同居し始めたらブログをリニューアル予定

伊織(いおり)
2年かけて春仁に捕獲された珍獣。
見た目はサラ毛と美肌を探求する美容マニア。
中身はウツ持ちのお酒好き。

最近広汎性発達障害(アスペルガー症候群)とパーソナリティ障害がウツの原因と発覚。
10年近く治療の末やっと薬が要らない状態まであと1歩。

ワンルーム副管理人。
イラストは全権委任されている。

家出後色々あってワンルームブログと春仁に舞い戻ってくる。

2度ほど別れを経験。もうない。


その辺は一言では言い表しづらいので記事でどうぞ。
記事は開設当初からそのままです。
歴史を振り返る事ができます。


当ブログはリンクフリーです。
相互リンク募集中です。
コメント欄へどうぞ。

なお、当ブログに掲載されているイラストは全て副管理人伊織に著作権があります。放棄していませんので無断掲載、直リンクなどは絶対におやめ下さい。
より多くの人に楽しんでいただくために、
皆様のご協力をお願いします☆

人気blogランキングに参加中!
↑↑↑↑↑こちら↑↑↑↑↑
1日1クリックの応援をお願いします☆

ちょっとしたぼやき・・・そろそろ書こうかな~。春仁。・・・(9/7)(注:しばしば書き換えます。)



ワンルームにこれだけ住んでるようです



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


突撃!!引越し春仁さん。
11月末に実家に戻る春仁さん。引越し準備も大詰めです。
そしてついに伊織が自分の物を片付けにいく日がやってまいりまして、春仁に会ってきました。

新彼女のことは聞きませんでした。

自爆しに行くことはないと思ったからです(笑)

そしてどうなったかというと。

↓↓↓↓

全くの予想通り(マジで!)、




春仁、シッポを振って自分から報告。

わんわん春仁2

(そう、コレ。)
「お手」は無視しましょう。






想像と動きが寸分たりとも違わなかったので逆に私がびっくりしました。
・・・・イヌだな。(´_ゝ`)




うれしそうにリングを見せて

「ビックリ?(〃∀〃)♪」

みたいな顔をするので、(あくまで顔です。)

報告前に






「あ、知ってる」




と言ってやりました。(´_ゝ`)
・・・・い、言ってやった・・・言ってやったぞーっ(゜Д゜)    みたいな。



春仁は、限られた情報なので少し驚いた風なのち、



「なぁんだ。Ф(。。)」



と言いました。










・・・・・・ヨシ。(´_ゝ`)b
(本日は上から目線でお送りしております、伊織です。)









というか・・・・









写真立てに彼女との写真立ってますから!!( ̄□ ̄;;)

(ちなみに前は伊織が入ってました。)

至る所に新彼女との新グッズを分散している状態で、そんなサプライズみたいな顔されてもー・・・
伊織困っちゃうですよ。

こういう女心にはとんと、とんと疎い春仁です。
そうだ、そんな人だった・・・orz




彼女とのものが混在してる状態はイヤかなと思って早めに連絡してたのに。

と言うと、「まぁ俺のを片付けないと伊織のも片付けられないと思って。」

まぁね。




ちょっと気まずめの沈黙。

正確には沈黙ではなかったけど、

なんだかぎこちない会話ばかり。




なかなか片付けに着手する空気にならなかった。

うだうだ会話が続いた。



そしてなんだったか、

話題がふと、病気の話か、私の彼氏の話かに移ったときだった。

本当の沈黙が一瞬来た。

これも春仁には沈黙なんて時間ではなかったのかもしれない。
一瞬の会話と会話の隙間だっただけかも。

でも私はそこで一旦停止し、

我慢が限界に来た。





ずっとずっとこらえてたものが 限界に来た。

自覚があるころにはもう遅いと、昔から決まってる。








日常の蓄積が堰を切り、伊織は泣きました。







もともと泣かない子。

だって泣く理由がないから。

映画を見ても

歌を聞いても

他人の感情に共感できないのに泣けるわけないから。


そんな私が泣くときは、自分きっかけのときしかない。

他人の気持ちが分からなくて、迷って迷って苛立って、

自分を責めつくして耐えられなかったときに泣く。






それはなんだか、




春仁がそれと知って

伊織の砦を開けに来たようでした。





人気blogランキングに参加中!

↑↑クリックお願いします↑↑

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。