ワンルームにふたり
ワンルームに暮らす2人の視点の違いをさらしてみます。 自称ベストカップルのすれ違い暴露ブログ。 エログは却下されましたorz
プロフィール

春仁(はると)と伊織(いおり)

Author:春仁(はると)と伊織(いおり)
春仁(はると)
慎重に捕獲した珍獣(猛獣?)伊織を2年半にわたって飼育し、現在も遠隔から飼育する偉大な人。

伊織を一番理解している人物。
同時に伊織が一番依存している人物。

ワンルームの管理人。
管理人としてはいつ戻ってくるか分からない。
誰にもいえない本音を吐露したくなったら戻ってくるかもしれない。

2012年9月結婚を決意。
再び同居し始めたらブログをリニューアル予定

伊織(いおり)
2年かけて春仁に捕獲された珍獣。
見た目はサラ毛と美肌を探求する美容マニア。
中身はウツ持ちのお酒好き。

最近広汎性発達障害(アスペルガー症候群)とパーソナリティ障害がウツの原因と発覚。
10年近く治療の末やっと薬が要らない状態まであと1歩。

ワンルーム副管理人。
イラストは全権委任されている。

家出後色々あってワンルームブログと春仁に舞い戻ってくる。

2度ほど別れを経験。もうない。


その辺は一言では言い表しづらいので記事でどうぞ。
記事は開設当初からそのままです。
歴史を振り返る事ができます。


当ブログはリンクフリーです。
相互リンク募集中です。
コメント欄へどうぞ。

なお、当ブログに掲載されているイラストは全て副管理人伊織に著作権があります。放棄していませんので無断掲載、直リンクなどは絶対におやめ下さい。
より多くの人に楽しんでいただくために、
皆様のご協力をお願いします☆

人気blogランキングに参加中!
↑↑↑↑↑こちら↑↑↑↑↑
1日1クリックの応援をお願いします☆

ちょっとしたぼやき・・・そろそろ書こうかな~。春仁。・・・(9/7)(注:しばしば書き換えます。)



ワンルームにこれだけ住んでるようです



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ワンルームにふたり最終章。

伊織さんは、バカです。

伊織さんは、ワガママです。

伊織さんは、自己中です。

伊織さんは、浅慮です。

伊織さんは、思い込みが激しいです。

伊織さんは、ウツです。

伊織さんは、空気が読めません。

伊織さんは、他に見たことないほど厄介な人です。



しかし私は伊織さんを愛しています。
伊織さんの全てを受け入れます。
そういう決意と覚悟を持って付き合ってきました。


ですが、二人は別れるのです。



はい、改めましてこんにちは。
そしてお久しぶりです。
春仁です。

なんかね、久しぶり過ぎてどんな風に書いてたのか分からなくなってるくらいですよ。

大丈夫かな?(笑)
『お前誰だよ!?』的な文章になってない?(笑)


さて、始まってしまいましたね、ワンふた最終章。

冒頭読んで皆さんビックリされた事でしょう。

僕もビックリしました。

例によって伊織さんから別れを告げられたわけでして、
まぁ結果からすればそれを受け入れたわけです。


経緯を詳細に説明できるほどの余力はなさそうなので、僕が話したい事だけ話します。

伊織視点の記事も書かれるはずなので、ブログ当初の主旨である二人の視点の違いを楽しめるのではないでしょうか。



とりあえず思うままに書いてみましょう。

まず、別れを告げられた原因についてですが、
僕が悪いとも言えますし、価値観の違いとも言えます。
くらいにしておきましょうか。



知っている人は知っている事かと思いますが、僕たちは過去2度別れて戻ってます。
そのいずれも伊織さんから別れを告げて僕が受け入れ、伊織さんから復縁を求めて僕が受け入れてました。

今回もそのケースに似ています。

ですが決定的に違う点があります。

それは、僕が別れを拒んだ事です。

伊織さんが僕から離れまた戻ってくる時、いつもボロボロでした。

伊織さんの意志は最大限尊重してきましたが、それで伊織さんがボロボロなるのは僕が辛い。

そんな理由もあって、前回復縁した時に『次はないからね』と再三伝えてましたし、今回初めて拒みました。想いを全て伝えて。


ただ、ね。

伊織さんは僕の主張なんて受け入れてはくれませんでした。

なにせナメられてますからね。



で、結果的にまた僕が伊織さんの主張を受け入れる事になりました。


簡単では、なかったです。

それこそ、こうして文章にまとめる事が困難なくらいに。
きっと後で本当に落ち着いてから読んだら直したいところがたくさん出てくるでしょう。



僕が別れを受け入れる事ができた理由は大きく2つでした。

1つ目は、結局僕は伊織さんに愛されてはいなかったと言う事。
なぜそう言い切れるかって?
伊織さんにとって、
理想の結婚>春仁との結婚
ってのが別れる理由らしいですからね。
残念極まりないですよね。軽く自暴自棄になれるくらい。
この5年以上の時間をまるごと否定された気分ですらありますよ。

2つ目は、伊織さんの家族が嫌になった事。
伊織さん自身のワガママや自己中ならいくらでも受け入れられますけどね、伊織さんの家族のソレは表面的には受け入れたフリができても本質的には無理です。
そもそも自己中って嫌いだった事も手伝って、今では少し気持ち悪いとすら感じてしまいます。
いろいろ良くしてもらった事を考慮してなお。



他にも小さな理由はありますが、
僕が別れを受け入れられた主な理由はこんなとこです。



ふむ、書き始める時にはせめて面白くしようと思ったのに
ネタも仕込んだりしたはずなのに、
いざ書いてみるとさっぱりダメですね。
面白くとか無理でした。
すでに軽く読み直してみても書き直したい部分が出てくる位、
今の気持ちに任せて書いておりますが、
このままの方が文章以上に伝わるものもあると思うので
直さずにいきましょう。
支離滅裂なのはご容赦を。



ちなみに別れたあとは友達って事になりました。

まぁ僕としても伊織さんが心配なので、何かあれば連絡貰えるのはありがたいです。




さて、

とりあえずはこんなところですかね。
基本的には、この記事をもって、
『ワンルームにふたり』に僕が投稿するのは最後になります。

この後、伊織さんも最後の記事を投稿して、

『ワンルームにふたり』は終了します。



もっとも、過去記事を含めて消す事はないですし、

ふたりが個々に新ブログを立ち上げる時には、ココでお知らせするでしょうから、
完全終了とは言えないかもしれません。


僕自身まだまだ語りたい事があります。
伊織さんの事。
今回の別れの事。
今はまだうまく言葉にできない気持ちを、どこかに書きたいと思っています。


とは言え、
実は相変わらずネット環境が死んでるので(笑)

アカウントとったり記事を投稿したりってのが、携帯電話からで簡単なブログサービスないですかね?(笑)
なければ、
詳しい事は知らないけど話題のツイッターをはじめてみるか、
いっそmixiに2個目のアカウントとって書くとか。

まぁ、ぼちぼち考えます。






それでは最後に。
『ワンルームにふたり』を見てくださった全ての方へ。

別れたり戻ったり、長期に渡って投稿しなかったり、けっこうな不良ブロガーではありましたが、
読んで下さる皆さんのおかげで、伊織との時間はさらに楽しいものになりました。
本当に幸せでした。
長い間、ありがとうございました。



P.S. せっかくだから最後にみんなコメしちゃいなyo☆   byポエミー春仁w
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
そんなことがあったんですね。。
大変なときにブログで話ふってしまって
すみませんでした><。

お二人が前に進むための選択をされたこと、
個人的にさびしいですが、いいことであったとしんじています。

結婚はお互いの気持ちだけではどうしようもないことがたくさんあって、
何を優先させるかというのは人それぞれだなあと感じています。
(今日ちょうどそんなブログを書いていたところです。。

一緒にブログしていたころが懐かしいですね。
らぐもとても楽しかったです。
ありがとうございました!!

ps
よかったらアメブロなんていかがですか??
mixiでメッセくださればお誘いメール送りますよw
【2010/10/13 14:57】 URL | らぐ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。